夢の舞台への目的とは?

コラム
2021.10.06

人は自分の思いを成就させんが為に、様々な努力も惜しまず前進しながら他人との比較や優劣の感情を抱きながら日々を過ごしているのです。

自分の成し遂げたい事を、この3次元の世界で実現させる為に転生してきたのです。

昨夜、あるTV番組で自分の夢を叶える為に努力している10代の女性にスポットが当たっていた番組を観ました。

ダンスの世界大会に団体で出場した際の自身の感動が忘れられない事もあり、新たなチャレンジとして自分1人で世界の舞台で踊りたい夢を叶える為に日々練習をする内容でありました。

これは皆さんも同じ事で、誕生してから様々な生活における刺激や感動が生きている中で多々あり、人々は常に他人からの刺激によって得た際の自身の原動力ともなる力が沸き起こるのです。

他人を見てや親を見て、兄や姉を見て自分が得た情報から自身の最適な環境作りを目指していくのです。

最適な環境作りとは、自分が好きなことに打ち込める環境であり、好きな仕事に就ける事や、興味のある仕事に就ける事など、自身の能力と興味あるものとの合意性からなる最適な環境作りこそ、自分の与えられた使命として考えるのです。

使命とは誰かに指示されて遂行するのでは無く、自身が決めた事を具現化して初めて使命と呼べるのです。

使命を作り上げるものは、自身の人生で様々な感情が交錯した中から呼び起こされるものであり、自身の為にある人生にしたいならば、自分のやり遂げたい夢を遂行する必要があるのです。

よって生まれてきた理由は上記の10代の女性ダンサーの様に自分が出場した世界大会でダンスで人を感動させたいと思う強い気持ちが、自身の願望を成就させる為こそ、自分が生まれてきた事の意味に変わるのです。

何故、人は生まれてきたのか?と言う疑問は全て上記の女性ダンサーのように他人への自己表現によって幸せや喜びを与えられるような人間になりたい、自分が輝く唯一の方法だと確信しての日々の努力なのです。

沸き起こる感情に従い、素直に行動する事こそ成功に近く方法であると理解できるのです。

食の未来プロジェクト最新記事
食の未来プロジェクト概要